釜石サンポ。8

f0321847_93540.jpg

f0321847_931514.jpg

f0321847_932354.jpg

f0321847_933174.jpg

f0321847_933991.jpg

f0321847_934676.jpg

E-M5, M.Zuiko 40-150mmF4-5.6 R, G20mmF1.7

松倉駅から快速はまゆり6号に乗って帰りました。

この十日前までは、花巻10時50分発の釜石行き普通列車647Dがあって、大湊線の始発列車で出れば接続出来たのですが、九日前のダイヤ改正で廃止になってしまいました。そうなると次は花巻12時13分発の快速まで列車がありませんし、これでは現地滞在時間がほとんどありません。
そこでせっかく乗り放題の切符を持っているにも関わらず、八戸発盛岡行きの始発列車に乗るべく2時間もクルマを走らせたのでした。
647Dの代わりに(?)、花巻9時57分発となる645D列車が設定されましたが、従来と53分もズレているのでは、これまで647Dを利用していたお客さんには不便なことでしょう。
どうして647Dがなくなってしまったのかというと、新たに多客期に走らせる全車指定席のイベント列車をこの時間帯に設定したからのようなのですが…
釜石線は全線単線とは言え、列車本数が少ない割には列車交換設備を備えた駅は多く残されており、従来の列車を残したままでも臨時列車のスジを引くことは十分可能に思えるのですが、どうしてこんなことになっているのやら。
「利用客の少ない普通列車を運行して赤字を増やすより、指定席料金で稼げた方がいいよな。」ということでしょうかねぇ。
せめて、イベント列車の運行がない日は従来通りの普通列車を運行する…でも良かったのではないかと。
by wb_kikpy | 2014-04-14 09:25 | 岩手